(スポンサーリンク)

MENU

東筑波ユートピアのクラウドファンディングに参加してみた

(スポンサーリンク)

こんばんは、留年ちゃん(@ryunenchan1 )です。

 

さきほど、テレビで「天才!志村どうぶつ園」を見ていました。普段はあまり見ないのですが、今日は主に東筑ユートピアという動物園が取り上げられていて、延長が80歳現役ということに驚き、見ることにしました。

h-yuutopia.com

 

この動物園、すごく廃れてて、お客さんは少ないし、施設もボロいし、飼育員も3人しかいない(ちゃんと給料払われてるんだろうか?)。そこで、動物園コンサルタント田井基文さんがプロデュースし、イノシシ牧場をリニューアルするための資金を集めるため、クラウドファンディングをするそうです!

www.makuake.com

 

まず、クラウドファンディングとは?

ある事業を行いたいとき、インターネットを通じて、事業に共感してくれた人々(Crowd)から資金調達(Funding)をすることです。出資者は1000円程度から手軽に出資できます。

 

出資すると、事業に関わるなにかをお礼で返してくれることが多いです。

今回の東筑ユートピアのプロジェクトでは、一番低い1000円の支援では、従業員井出さん(いい声)のお礼ボイスメッセージがもらえるそうです。楽しみですね。他にも、5000円の支援だと、ボイスメッセージに加え入場券ももらえるそうです。さらに上の金額のコースだと、動物の命名権など、動物園ならではのプレゼントがいくつかありますよ。興味のある方はリンクから飛んでみてください。

 

私は1000円コースで支援しました!

f:id:ryunenchan:20180630195109j:plain

 

目標金額は4000万円だそうです。(かなり高い、絶対にコンサルタントの報酬も含まれてると思う)

テレビの影響もあるので、もしかしたら達成できるかもしれませんが、なかなか難しそうですね。私は番組放映時間中に参加してみたところ、上のスクリーンショットにある金額が集まっていました。

現段階(6月30日21時)では500万円を超えてますね。

テレビの力ってすごい

 

 

なぜ参加したの?

私は、今回初めてクラウドファンディングに参加しました。前々から、クラウドファンディングには興味がありました。以前、自力でイベントを開催したのですが、そのときは大幅赤字。スポンサーや資金なし、参加者の入場料だけが収入源で、学生イベントが黒字にするにはなかなか厳しい条件だったように思います。そのイベント終了後、クラウドファンディングというものがある、ということを知り、社会貢献の目的もあるイベントだったので、もしクラウドファンディングを使っていたらもっと多くの人にイベントを周知でき、資金も集まったのではないか、と思いました。クラウドファンディングを使ってなにかしてみたいと思ったのですが、まずは自分が支援する側になってみることも必要かな、と考えました。今回偶然テレビを見たことをきっかけに、東筑ユートピアの支援をしてみることにしました。

 

実際に支援してみて

目標額からすれば少額しか支援できていませんが、動物園の為に行動した、という満足感が得られました。ぜひ、動物園に立派なイノシシ村ができてほしいし、機会があれば行ってみたいな、とも思います。インターネットがなければつながることのできなかった人、事と、つながって応援できるって、素敵ですね。現代は、人とのつながり、特にご近所同士のつながりが減ってきていることが問題視されているけど、インターネットを通してできるつながりもあるのかと思うと、ツールって使い様によってマイナスに傾いてしまったり、プラスに傾いたりするんだなぁ、ともしみじみ思います。インターネットに関わらず、何事もプラスの面を見つめられる人間になりたいな(話が大きくなってるぞ)

 

(スポンサーリンク)

プライバシーポリシー お問い合わせ