(スポンサーリンク)

MENU

【就活】“ダーツの旅”を真似して“働く場所ルーレット”をした

(スポンサーリンク)

こんにちは、THE★就活生の留年ちゃん(@ryunenchan1)です。
 
(THE★就活生って...ダサい...)
 
 
突然ですがみなさん、就活する時に“場所”って重要視しましたか?
今日は留年ちゃんが働く場所について考え、行動してみた話です。
 

 

 

東京に居たくない、けど地元に帰りたくない
私は、重要視しているような、していないような、って感じです。
私ももともとは総合職志望で、どこでも行くぜ!って考えでした。
というか、地元にも帰りたくないし、東京にもいたくない、けど地元と東京以外から自分で選べない、総合職で会社に飛ばされた方が楽だな、って考えで、総合職を志望していました。
 
けど、最近、私総合職向いてないかも、ってことで路線変更しだした。そこで出てきた問題が働く場所
 
総合職じゃなかったら、転勤のある仕事、全国配属のある職種って珍しいんじゃない?
じゃあ、自分で働く場所を決めなきゃいけないの?
 
就活生が働く場所で条件を決めるなら、基本的には
実家を出てる学生→地元or大学周辺の都市or東京
実家に住んでる学生→地元or東京
だと思います。
私の場合なら、地方出身で東京の大学なので、地元or東京
(総合職で全国転勤余裕だぜ!って人は除きます。)
 
 
でも、私は地元に帰りたくないし、東京にもいたくない。
じゃあ、私ってどこで働けばいいんだろう。どこで暮らしたいんだろう。
 
 
考えることを放棄した
 

これはもう、“ダーツの旅”の真似して“ダーツで就職先”をやるしかないな!

 
 
※ダーツの旅とは・・・日テレ系「笑ってコラえて」という番組のコーナーの1つ。番組MCの所ジョージさんが、日本地図に向かってダーツの矢を投げ、刺さったところにスタッフが取材に行き、現地の人にただただインタビューをする。
 
注意❕ここまで真面目なノリでしたが、ここからはただの頭悪い奴のノリです。
 
でも、日本地図持ってないし、ダーツやったことないし、どうしよっかな。
 
あ、スマホのアプリにルーレットがあるじゃん!(私は優柔不断なため、よくルーレットで昼ご飯を決めたりしている。)
それ使お!
 
そしてアプリでオリジナルルーレットを作るべく、47都道府県を地道に手入力していく。まあ、5分くらいで終わったけどね。
 
さあ~って、回すぞぉ(ドキドキ)
 
ダラダラダラダラダラ・・・・ッ!(効果音)
 
ジャジャンッ!(効果音)
 
鳥〇県! 
 
えっ、まじか...会社あるんかよ...(偏見激しすぎ馬鹿にしすぎ)
 
調べてみたらなんと、面白そうなITベンチャーありました。オンラインでの説明会や面接にも対応していただけるそうです。
 
ええやん!エントリーしよ(軽すぎ)
 
 
結果
そしてトントン拍子で説明会、一次面接、と来ました。
 
一次面接は、志望動機よりも、ひたすら自己分析を深堀されました。
自己分析が甘々な私はネガティブな発言を連発。あぁ、だめかもしれない、、、ルーレットで働く場所決めた話はそこそこウケたけど、、、やっぱベンチャーの方が採用人数が限られる分、有能な人材をしっかり見極めてくるのかもなぁ、、、
けど一次くらい通らせてくれッッッ!
 
 
しかし、先日、Twitterで面接通過の場合は2,3日以内に連絡が来る、という情報を見た。不合格の場合は、1週間という期限ぎりぎりにくる。
 
あれっ、もう5日くらい経ちますが...
 
もう諦めマンモス。
 
ルーレットで決めるとか軽すぎたんだろうか、それともIT初めて受けるにあたって、業界理解や企業理解が足りなかったのか、自己分析が相変わらず甘かったのか。
 
 
 
まとめ
けど、今回思ったことはあれだ、
調べたけど、鳥〇県の企業で東京で説明会やってるところは少ない。説明会に行かないと会社や社員の雰囲気が分からなくてエントリーする気になれない。あと、面接のために何回も鳥〇県に行く気になれない。
なんの伝手もない場所に就職するって、すごく大変なんだね。こんな軽い気持ちじゃできない。地方から東京に就職しようと頑張っている人のこと、改めて尊敬します。
 
 
 
もう一度、東京と地元以外の道を模索するか、東京か地元で妥協するか、考えつつ、就活頑張ります。
 
 
あと、御社の採用担当の人に見られたら即バレしそうな案件(人事にルーレットの話した)だから、ちょっと怯えて伏字にしちゃった。あはは。もし見たら採用してください。

(スポンサーリンク)

プライバシーポリシー お問い合わせ