(スポンサーリンク)

MENU

【「自分メディア」はこう作る!】感想①伝えたいことはひとつ

(スポンサーリンク)

こんにちは、留年ちゃん(@ryunenchan1)です。

 

 

ブログを始めて現在までに30記事ほどを公開しました。

留年ちゃんが人生でやりたい100のことの19番と20番に書いたのですが、ブログで収益をあげたい、という思いでこのブログをはじめました。しかし、なかなかうまくはいきませんね...

まだ弱音を吐くには早いと思いますが、Twitterなどで見つけた他のブログを見ていると、私より断然センスを感じる。すごい。(合コンさしすせそかよ。)

 

 

我流は良くない、このままでは心が折れる、投資しよう!と思い、ブログを続けていくモチベーションになりそうな本「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記(ちきりん著・文藝春秋)を購入してみました。

 

 

ちきりんさんについてざっくり説明します

ブログ界隈で有名なちきりんさん。

Chikirinの日記を運営している方です。

 

私はこの本で、初めてちきりんさんの文章を読んだのですが、読みやすくて面白かったです。前半に「Chikirinの日記」を今までどういった考えで運営してきたのかについて書かれており、後半は過去の記事で反響の大きかったものが21本転載されています。記事の方は、経済のことを取り上げていることが多かったのですが、分かりやすい文章で、経済の知識が浅くても楽しむことができました。ちきりんさん自身はそんなに賢くないと書いていますが、さすが証券会社で働き、MBA取得しているだけあるなと思います。

 

あとは女性だったことにも驚きました。ちきりんさんのアイコンが男女判別付きにくいですよね。ちきりんの名前の由来が、競馬のゲームで馬に付けた名前で、べらぼうにその馬が強かったことから“ちきりん”を使い始めたそうですが、競馬のゲームをしている女性は珍しいイメージでした。上の年代なら尚のこと・・・

 

 

1記事につき伝えたいことはひとつ

私は、最初、映画と読書が好きなので、それをメインでブログに書いていこうと思っていましたが、映画1本、本1冊につき1記事ってすごく書きにくいと感じ始めていました。そんなに書きたいことが思い浮かばない映画や本もあるし、この記事(→【読書記録】対人距離がわからないーどうしてあの人はうまくいくのか?)のように、書きたいことがたくさんありすぎてまとまらないこともあったからです。

 

その悩みが、ちきりんさんのブログ方針を読んですっきり解決しました!

1冊の本の中で、「これを言いたい!」「この点も伝えたい!!」と複数のメッセージが浮かべば(メッセージごとに) 別のエントリを書き、何日かに分けて1冊の本を紹介します。つまり、ブログの起点は、「これについて書く」とか「この本を紹介する」ではなく、「このことを伝えたい!」というメッセージの発生なのです。

ー「自分メディア」はこう作る!大人気ブログの超戦略的運営記p46より引用

 

なるほど、1冊で何本も記事を書いていいのか!と。なぜ、1冊1本って決めつけていたんだろう、自分、と。

 

いろいろなブログ戦略の記事を読んで、1記事1500字以上の方がAdsense通りやすいとか、検索に引っ掛かりやすい、とか気にしすぎていました。そんなことを気にして、中身がめちゃくちゃな記事を書くよりも、伝えたいことを分かりやすく伝えよう!!

 
ちきりんさんは1冊で10本以上記事を書いたこともあったそうです。「WORK SHIFT」もその1冊で、私も大好きな本なので、ぜひちきりんさんの感想を読んでみたく、Chikirinの日記を漁っています(笑)

 

 

伝えたいことはひとつ、と言いつつ・・・

今回は

・ちきりんさんおもしろい

・1冊1記事にこだわらないで伝えたいことをひとつに絞る

と二つ、伝えたいことを書いてしまいました。

また「自分メディア」こう作る!の感想を、今度は伝えたいこと1つに絞って書きたいと思います!(笑)

 

それではおやすみなさい^^

 

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記

 

 

ryunenchan.hatenablog.com

 

(スポンサーリンク)

プライバシーポリシー お問い合わせ