(スポンサーリンク)

MENU

【就活】東京にいたくない、けど地元に帰りたくもない【東京篇】

(スポンサーリンク)

こんにちは、先日ニュースで就活生内定率8割のニュースを既卒同期(おそらく無い内定)と眺めていた絶賛就活中の留年ちゃん(@ryunenchan1)です。

 

もう7月も終わりそうですね。連日35度越えの日々が続き、熱中症対策が叫ばれてますね。無い内定の人も、就活生じゃない人も、体調には気を付けて頑張りましょう。

 

ちなみは私は5月に屋外で昼間からビールをあおっていたら熱中症になりました。アルコールは利尿作用があるので体が水分不足になりやすいです。水もしっかり飲みましょう。(自戒)

 

前置きが長くなりました。

今日の本題は“働く場所”

タイトルの通り、私は東京にいたくないし、けど地元にも帰りたくない。

どっちも嫌だと言ってるんだけど、出不精な私は東京以外で採用活動を行っているの企業への就活ってすごく大変なんだと感じて、あきらめかけている。

参照:【就活】“ダーツの旅”を真似して“働く場所ルーレット”をした (まず、地方への面接に行くと考えるだけで、時間とお金のコストがかかりすぎて気が重くなった)

 

本当に東京から出たかったら、いくらでも現地まで行って就職活動するだろう、東京ならUIJターン向けの企業説明会なんていくらでもあるじゃん、と思われるかもしれない。けれど、この県(または地域)に行きたい!って強い思いがあるわけじゃないので、なかなか行動に移せない。究極の言い訳なんだろうけど、やっぱり人間慣れ親しんだところじゃないところに飛び込んでいくのはかなり労力がいるんだなと感じている。

 

 

なので、今回は東京か地元で妥協すべく、私が東京にいたくない理由と、東京にいてもいいかなと思う点について書き出してみようと思います!

 

地元篇は次回また・・・

 

 

東京の嫌なところ

 

①満員電車

毎日乗ってれば慣れるのかもしれない。現在大学生で、通勤通学ラッシュ時間帯に電車に乗らないので満員電車に乗ることは稀なんだけど、用事があってその時間帯に乗ることになると本当に憂鬱だし、これが毎日朝晩ってあり得ないよな、って思う。

 

②人多すぎ

休日の新宿なんて人多すぎて吐き気がする。

 

③いろいろ密度高い

お店の狭さだったり、家の狭さだったり。

 

④家賃高い

以上の生活ストレスがあるのに、東京に住むために高い家賃を払うって意味わからなくない?

 

 

東京の良いところ

①大学時代に出来た友人が住んでる

と、言っても少数なんですけどね・・・しかも仕事始まったらそんなに会うこともできなくなりそうだし。でも、少しでも知り合いがいるのは心強いよね。

 

羽田空港と成田空港があるため、海外旅行に行きやすい。
海外旅行好きなので。
 
③娯楽が多い
カラオケの店舗が多かったり、イベントが多かったり。習い事もいっぱいあるし、社会人になって使えるお金が増えたら楽しそう。
 
④電車でどこにでも行ける
満員電車は嫌いだけど、車がなくてもいろんなところに行けるのはありがたい。
 
⑤一人暮らしできる
 家族と暮らすのが苦手なので、一人暮らししたい。地元に帰って一人暮らししたら、なんで一緒に住まないの?って言われそうでそれもまたストレス。
 
 
 
 

東京もありかもしれない

 
 
 
 
 
 みなさん、東京の良いところ、悪いところ、どう思われますか?
 

 

 

(スポンサーリンク)

プライバシーポリシー お問い合わせ