(スポンサーリンク)

MENU

男女平等ってなんだ、男性目線の本音が知りたい

(スポンサーリンク)

こんにちは、留年ちゃん(@ryunenchan1)です。

 

東京医科大学が入試の際、女子受験生に対し一律に減点していたことがニュースになっていますね。



news.livedoor.com

 

女性は、結婚や出産で現場を離れる可能性があり、人手不足や男性医師の負担増加の問題が出てくる。それを避けるために、女性の入学者を減らしたかった。

 

これが東京医科大学の言い分です。

 

それに対し、男子学生の立場からの意見がこちら↓

 

www.google.co.jp

 

人手不足や男性医師たちへの負担増加は現実問題としてあるわけで、その問題を一番簡単に解決する方法として、女性の割合を減らせばいいんだ、となるわけですね。

 

これって、医師や病院だけの問題じゃなくて、日本全体の会社での問題でもあるよね。

女性が育休を取るとなったら、男性に負担がいっているような気がしてしまう。実際は、女性が一斉に育休を取るわけではないだろうし、育休を取った女性の仕事はその時点で育休をとっていない女性にも平等に割り振られているだろうから、男性の負担が増える!っていうのは違う気がするけどな。

 

 

 

就活をしていて、よく「うちの会社は女性に優しいです!」って文句をよく聞く。けど、これって国の政策かなにかで、なでしこ銘柄やくるみんマークさえもらえれば良くって、個々の男性社会人たちって本当に、女性も活躍してほしい!と思っているんだろうか。実際、女性が活躍しようがどうなろうが、男性目線ではどうでもいいような気がするんだよね。

よく、「女性も活躍できる社会にしようっていう世の中の流れだからね」みたいな、世間の、世界の流れがそうだからやるっていう感が強すぎる発言をしているおじさんたちをよく見る。

 

 

 

去年、とある住宅系不動産の1dayインターンシップに参加した時に人事の発言が忘れられない。

「女性は家庭を守ってればいいと思う」

「なぜそんなに働きたがるの?」

「実際、企業側は女性が40年働いてくれるなんて期待してない」

と言われ、本当に驚いた。転職が活発化している中で40年働くことを前提に考えていた私もちょっと馬鹿だったなと思う。けど、それでも人事の発言は、女性には期待していない、男性には40年働くことを期待しているといったように聞こえた。

 

その直前には、女性が働きやすい会社になるよう改革中です、なんて言っていた人事の発言だ。決して、女性軽視をしている企業ではないと思う。

それでも、あの人事の男性は、女性が社会進出することを推奨している現代日本に疑問があったんだと思う。それとも寿退社か育休取得をする同僚に迷惑でもかけられたのか・・・

 

 

このときからずっともやもやしているんだけど、確かに女性は働きたい、けれど、働く女性が増えようが減ろうが、男性の働く環境にはあまり関係ないのでは?

 

 

 

あぁ、でもこれって、黒人差別や人種差別の問題と一緒なのか。差別をなくして、平等な社会にしようよ、ってことなのか。そこに理屈もくそもないのか。

 

ただ、人種の問題だと、肌の色だけの問題だったのが(無知なので、他にも問題があったら、このような書き方をしてしまって申し訳ないです)、男女だと、体力や出産という大きい性差があるから、こんなに苦労しているんだな。

 

 

論点がごちゃごちゃしてきたけれど、ただ、本当に気になってたまらないことは、就活の時に、説明会で人事が女子社員への産休育休やその後の時短勤務について男性はどう思って聞いてるの?くっそどうでもいいなーと思って聞いてるの?それとも、女性も等しく活躍できる素晴らしい会社だ!と思って聞いてるの?

 

男性の方々は、なぜ男女平等の世の中にしたいと思ってるの?

 

(スポンサーリンク)

プライバシーポリシー お問い合わせ