(スポンサーリンク)

MENU

ITパスポート合格!1か月半で合格する方法を紹介します

(スポンサーリンク)

こんにちは、留年ちゃん(@ryunenchan1)です。

 

まさかの内定ゲット。次のやるべきことが見えてきた

こちらの記事に書いていた卒業までの目標であるITパスポート取得、達成しましたー!

 

IT系に就職が決まったとはいえ、IT知識ほぼゼロだった私がおよそ1か月半の学習期間でITパスポートに合格した勉強方法をまとめました。

 

 

そもそもITパスポートとは?

iパスは、ITを利活用するすべての社会人・学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。

具体的には、経営戦略、マーケティング、財務、法務など経営全般に関する知識をはじめ、セキュリティ、ネットワークなどのITの知識、プロジェクトマネジメントの知識など幅広い分野の総合的知識を問う試験です。

【ITパスポート試験】iパスとはより引用

 

いきなりiパスと書かれていますが、ITパスポートの略称ですね。

 

とにかく、IT系の仕事をする人にはまず必須となる、ITの入門資格です。

 

今の時代、どんな仕事をするにおいてもITは必要な知識となるので、時間に余裕のある大学生や、また忙しい社会人の方も、取っておくべき資格かもしれません。

 

 

1か月半で合格!学習方法

就職先がIT系とはいえ、企業研究、業界研究を突き詰めていたわけではなかったため、私のIT知識はほぼゼロ。しかし、そんな私でも1か月半の学習で合格できました!

 

就職先が決まって暇な大学生だったんでしょ?と思われるかもしれませんが、卒業研究のために、平日は7時間の実験と往復3時間の移動、土曜日オフ、日曜日アルバイト、という生活でした。

 

就活中より忙しかった...(笑)

そんな慣れない生活でも、1か月半で合格できます!

 

①テキストを買う

まずは、本屋さんにテキストを買いに行きましょう!ITの技術は日々進歩していき、出題内容・範囲も多少変わってくるので、古本屋さんで買うよりも、年度対応の新品を購入することをお勧めします。また、立ち読みしてみて、自分が読みやすいと思うものを買った方が良いと思います。

 

そして、自分で新品を購入した方が「せっかく投資したのだから、読まなきゃ!合格しなきゃ!」となる気がしますよね(笑)

 

私が購入したのはこれです↓

 

 

〇このテキストの良かった点

・イラストがゆるい、私好み(←見た目重要、やる気につながる)

・「人間の集中力はせいぜい40分くらい、休憩しよう」「計算が苦手ならとりあえず飛ばして分かるところから読んでやる気キープしよう」など、コメントが優しい。

 

✖このテキストの残念だった点

・過去問が解きにくい。

赤シートがついているのですが、だいたい解答&解説は次ページにあるため、赤シート必要ない。

 

 

②テキストを1周読む

まずは1周読んでみましょう!

どのテキストもそこそこの分厚さがあるので、1日にどの程度読むか目標を決め、1~2週間かけて1周読みます。途中、計算問題や複雑な暗号技術など、難しいと感じるところがあるかもしれませんが、そこは流し読みでもOKです。

ITパスポートの合格基準は全体の正答率60%なので、分からないところが少しあっても合格は可能です。

 

 

③テキスト2周目と並行して過去問を解く

過去問だけ掲載された参考書も販売されていますが、購入する必要はありません。

私はこちらの過去問道場というサイトで過去問を解きました。

ITパスポート過去問道場|ITパスポート試験ドットコム

 

ITパスポートの本番も、会場のパソコンで解答する形式なので、こちらで練習するのが良いと思います。

 

ユーザー登録をすれば、学習記録をつけることもできます。分野ごとの正答率の確認や、間違えた問題の復習、模擬試験モードなど、このサイトですべて可能です。

 

 

ただ、やはり紙媒体が良い!って方もいると思うので、そこは自己判断にお任せします。

(全文PDF・単語帳アプリ付)かんたん合格 ITパスポート過去問題集 平成30年度秋期

(全文PDF・単語帳アプリ付)かんたん合格 ITパスポート過去問題集 平成30年度秋期

 

 

 

過去問を解く際のコツとしては、(時間があるときは)間違えたところをその場でテキストで確認することです。 解説を読んで分かったことなどを書き足したり、アンダーラインを引くなどすれば、次回テキストを読み返すときに「ここを間違えたからしっかり読もう!」となりますし、能動的行為なので記憶に残りやすいです。

 

 

まとめ

あとはひたすら、テキストを読む、過去問を解く、をその時の気分でどちらにするか決めて行うのみです!できれば過去問の比重多めで!とにかく解くことで、傾向がつかめます。

 

私は、次は基本情報技術者試験に向けて、また学習を続けていきたいと思います!

(スポンサーリンク)

プライバシーポリシー お問い合わせ