(スポンサーリンク)

MENU

就活関連書籍をブックオフで売ってきた

(スポンサーリンク)

こんにちは、留年ちゃん(@ryunenchan1)です。

 

来年春から働く就職先の関係で、3月に引っ越しをする予定です。

 

www.ryunenchan.work

 

 

念願の一人暮らしが楽しみすぎてこんな記事を書いてしまったのですが、他にも早くも引っ越しの準備をしています。

今回は、無駄にスペースをとっている就活関連書籍を処分することにしました。引っ越す先に持っていく必要が絶対ないものナンバーワンです。(もしかしたら、数か月で転職なんてこともあるかもしれませんが...そんなマイナスなリスクヘッジなんかしませんよね!)

 

 

 

なぜブックオフを選んだか?

昨今、メルカリなどのフリマアプリが流行っていますよね。そちらも選択肢にあったわけですが、今回はブックオフで売ることにしました。

 

理由

・メルカリで品物を検索したところ、300~500円程度で売られている書籍ばかりだった。

・300円程度だと、手数料や送料で手元に残るお金は100円程度。現金に換金すると、さらに手数料がかかる。

・包装や配送などの手間に見合った金額か?

・メルカリに出品しても、すぐ売れるとは限らない

 

大学2年生頃よく本や洋服を販売をしていましたが、高額なものを売っていたわけではなかったため、手元に残るお金が手間の割には少ないなぁと感じていました。時間に余裕があったのでそんなに苦ではなかったのですが、最近は大学の研究のほうが忙しく、手間をかけて数百円の差しかないのなら、ブックオフでいいか、と利便性を選びました。

 

 

売った書籍の紹介

以下の10点です。

f:id:ryunenchan:20181101153703j:image

①本当に「使える人材」を見抜く採用面接(細井智彦、高橋書店)定価1404円

とあるインターンで、「人事がどこを見ているか知るために、人事が読んでいる“面接をする側”の本を読んでみるといいよ」と言われ、購入。しかし、何が書いてあったかさっぱり覚えていないし、うまく就活に役立てられなかった。

②就活必修!1週間でできる自己分析2018(坪田まり子、さくら舎)定価1404円

こちらは、就活に必修の「自己分析」本。しかし、これもやってはみたものの、イマイチ自分を分析するとはなんぞや?と理解できなかった。未だに自己分析とはなんなのかよく分かってない。

f:id:ryunenchan:20181101153709j:image

資格関連の3冊

③みんなが欲しかった!FPの問題集3級(滝澤ななみ、TAC出版)定価1620円

これは友人からのもらい物。

④史上最強のFP3級テキスト 16-17年度版(オフィス海、ナツメ社)定価1620円

こっちは自分で購入。テキストの方も友人からもらおうと思ったのですが、テキストの方は後日見直したりするから!と断られました。さすが銀行員。私はもう売ります。

FPは法改正で毎年テキストの内容が少し変わるようなので、値段がつくか不安でしたが、とりあえず持っていくだけ持っていきました。

 

⑤いちばんやさしいITパスポート 絶対合格の教科書(高橋京介、SBクリエイティブ)定価1706円

これは先日受けたITパスポート対策で購入したもの。対応年度も新しいので、お値段つくかな?と期待。

 

f:id:ryunenchan:20181101153712j:image

こちらもほぼもらい物の業界研究、SPI対策本

⑥ 日経業界地図2016年版(日本経済新聞社)定価1188円

これは友人からのもらい物。友人も先輩からもらったものらしい。そんな受け継がれてきたものを売ってしまうのも忍びない、が、私には仲の良い後輩がいないためやむなく売却。てか、これもほとんど見てない。

⑦会社四季報業界地図(東洋経済新報社)定価1166円

これも⑥と同じ状況で、友人から譲り受け、友人の先輩からもらったという。はい、ほぼ見てません。

⑧EC業界大図鑑 2018年版(ダイヤモンド社)定価1620円

これは自分で購入。ITの業界研究を何もしずに面接をぶっこんでいたので、途中これは業界研究すべきか?と面接帰りに適当に買った一冊。はい、ほぼ読んでません。そして内定先はECやってません。

⑨最新最強のSPIクリア問題集 ’15年版(成美堂出版)定価1296円?

これも友人が先輩から受け継いできたもの。もはや最新でも最強でもないだろう1冊。これは1度も開いてない。SPI対策は全くしなかったのですが、高校まではそこそこ成績が良かったのと、やたら高望みした企業を受けていないので、SPIで落ちたことはないです(自慢?)。

⑩就職四季報女子版 2017年版(東洋経済新報社)定価2020円

これも友人からもらったものです...これは結構見ましたが、結局こちらに載っているような大手、準大手には引っ掛かりませんでしたね(確認してないけど、内定先載ってなさそう)。残念。あと、最近は女性の働き方が意識されてきているので、2017年版と2019年版を見比べると結構数字が大きく変わっている企業もあって面白かったです。

 

 以上10冊です。

こう見ると、半分くらい友人からのもらい物で、なんて非情な奴なんだ!!と思われそうですが、まぁそういう奴なんですよ留年ちゃんは。

 

さて、いくらになるでしょうか?

ちなみに私の予想は1000円でした。

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

結果

f:id:ryunenchan:20181101153917j:image

⑤150円

①200円

②⑥⑦⑧⑩合わせて135円

 

合計485円

 

でした。予想以上に安い(笑)

③④⑨は書き込みがあったため、買い取り不可だそうです。そうだったんだ!知らなかった!

 

485円はすぐにカラオケに行って使い切りました(笑)

ただのゴミにするよりは、楽しい時間を過ごすためにお金にできて良かったなと思います。

 

以上、就活関連書籍を売ってきた話でした。

 

(スポンサーリンク)

プライバシーポリシー お問い合わせ