(スポンサーリンク)

MENU

電子書籍デビュー、Kindleで読んだ本を紹介

(スポンサーリンク)

こんにちは、留年ちゃんです。

 

今まで、読書は紙!めくりたいの!派だったのですが、暇つぶしにKindleをダウンロードしたらハマってしまいました…(笑)

 

私はAmazon Prime会員なのですが、プライム会員は prime readingというサービスが使えます。一部の書籍が無料で読めるサービスです。

 

おそらく、電子書籍を体験してもらって、もう1つグレードが上のKindle Unlimitedというサービスに引き込もうとしているのだと思います。月額980円で読み放題、 prime readingよりも読める本が種類豊富になります。そうは言っても全ての本が読めるわけではないので、私は登録しようとは思いませんが…

 

ただ、電子書籍の便利さには気付かされました。

なにより、荷物が減るのが嬉しいですね。私は、外出する際は必ず本を持ち歩きたいのですが、これがまた荷物になるんですよね。最近は小さいカバンがお洒落だったりするので、小さいショルダーバッグを愛用しているのですが、このカバン、文庫本がギリギリ入るサイズなんです。新書は入らなかったり…最近は新書を読むことが増えてきたので、これは不便だなぁ、もうひと回り大きいカバン買おうかな?でもお金ないしなぁ、、、と困ってました。

 

しかし、電子書籍ならスマホに!収まる!!最高か!!

 

しかも、スマホに何冊も入る!

私は何冊も同時並行して読むタイプでして、その時の気分で読む本を決めるんですよね。しかし何冊も持ち歩くことはできない…しかし電子書籍ならできる!!最高か!!

 

ということで、  prime readingで読んだ本を紹介します。

 

 

 

頭は「本の読み方」で磨かれる
頭は「本の読み方」で磨かれる

頭は「本の読み方」で磨かれる

 

有名な脳科学者・茂木健一郎さんの著書です。

最近はネットで手軽に情報が手に入れられるけれど、ネットに上げられる文章ってアップされるまでの時間が重要視されがち。本の文章は、著者は1人でも何人もの人に推敲されている。

本ほど何人もの知恵が凝縮され、練り上げられた文章はないのです。

ということで、やはりネットより本の方が質が高いことの方が多いでしょうし、読み継がれる名作もあるのでしょう。

 

他にも、なるほど!本を読みたい!と思わせられることがたくさん書いてありますし、茂木さんのオススメの幅広いジャンルの本が紹介されています。読書好きもそうでない人にも、読書の新たな入り口としてオススメの一冊です。

 

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方
お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 

こちらはビジネス・経済ジャンルでのオススメに出てきたため、読んでみることに。

筆者の佐藤航陽さんは、ご実家が貧乏だったことから、お金で人生が決まってしまう人生に疑問を持ち、もっとよい社会の仕組みを作りたいと起業をされたそうです。また、事業を行なっていく中で、お金についての仮説を立て、実行に移しているんだとか。それを繰り返してきて学んだことが、この本に詰まっています。

ビットコインなどの新しい通貨の登場や、物で満たされた現代は価値や新しい生きがいが求められはじめる、などの今後の社会に起こりうる変化について、分かりやすく書かれています。

自分のためにお金を増やすことばかり考えていた私には少し刺さる内容でした。もしかしたら私の価値観って時代遅れなのかな?!と。お金に興味がない人も、今後の社会がどう変わっていくか知りたい方は必読です!

 

英語の神様
英語の神様

英語の神様

 

こちらはKindle限定なのかな?英語が喋れないサラリーマンが主人公の小説です。作者の小野七夏さんは海外勤務経験のある主婦ブロガーだそうです。

読みやすい小説でした。また、日本人って英語の習得を難しく考えすぎだよなぁ、とも思わされました。

こちらはKindle版100円なので、Amazon prime会員でない方も、電子書籍のお試しにちょうどよいお値段かもしれません。

 

 

電子書籍の良いところ

・荷物が減る

・何冊もダウンロードできる(prime readingの場合10冊まで保存することができます)

・マーカーを引ける、メモを残せる、後から一覧で見直せる(kindleは可能ですが、他の電子書籍は分かりません…)

 

 

ということで、私はamazon経済圏に取り込まれていくのでありました…トホホ

(スポンサーリンク)

プライバシーポリシー お問い合わせ