(スポンサーリンク)

MENU

英語が聞き取れなくてcomfused【海外ひとり旅】

(スポンサーリンク)

こんにちは、留年ちゃんです。

 

ちょうど1年前くらいに、初めて1人で海外旅行をしました。

 

旅行記としてまとめようと思いましたが、めんどくさがりで書き終えるまでに至らなさそうなので、小ネタを思い出したらちょくちょく書いていこうと思います。

 

今回はキュランダ編~英語が聞き取れなくてconfused~です。

ルー大柴みたいになっちゃったけど、今回だけです。海外だからとりあえず英単語ぶち込んでるわけじゃないです。

f:id:ryunenchan:20181108003617j:plain

(atキュランダ鉄道 photo by留年ちゃん)

 

こちら、テレビ朝日系列の「世界の車窓から」でオープニングに使われていたらしく、日本人には人気の観光地らしい。オーストラリアのケアンズにあります。

 

「世界の車窓から」は熱闘甲子園の前に放送していて、夏の間だけ見ますが、世界を旅してる感覚が味わえる良い番組だよね。しかも、旅行では利用しなさそうな電車も多いし。

調べたら、今は月曜日と火曜日しか放送されていないらしい...寂しいな。もう世界中の電車に乗りつくしてしまったのだろうか。

 

 

て、まぁキュランダというところに行ったわけです。ここは、鉄道で山登って、キュランダって街で観光して、帰りはロープウェイで降りてね、ってのがお決まりのコースです。

 

ネットで、日本人向けツアーで行くより自力で行った方が安いよ!(当たり前)って情報を見たので、自力で行くことにしました。

 

ケアンズ駅のチケットカウンターに行って、チケットが欲しいと伝えると、行きの電車の切符、帰りのロープウェイとバスのチケットは難なく買うことができました。だってケアンズ駅からはキュランダ行きの電車しかないからね。簡単だね。

 

 キュランダの街にコアラを抱っこできるところがあるらしく、そこに行きました。コアラちゃん、きゃわいい♡

f:id:ryunenchan:20181108003635j:plain

(atキュランダコアラガーデンズ photo by留年ちゃん)

 

 

まぁ、ここまでは順調だったんですよ。

 

帰りのロープウェイでの出来事です。

 キュランダの町から麓までの距離が長いから、途中でロープウェイの乗り換えがあったんです。

 

そんなことは知らず、突然ロープウェイから降ろされ、困惑する私。しかし、目の前に次に乗るであろう乗り換えのロープウェイが。これに乗り換えるんだな!と思っていたら、案内のお姉さんが話しかけてきた。

 

「~~~~!~~~~!(ニッコリ英語)」

 

なんか、次のロープウェイに乗せてくれる気配がない。なぜ???どういうこと???

 

やばい、想像以上に英語が聞き取れない。TOEIC600点はあるのに!!!

ちょっとパニックになってしまって、目の前にあるロープウェイに乗りたいという意思すら伝えられない。「I want to ride that」って言えば済むのに!!!

 

すると、案内のお姉さんが叫んだ。

 

She is confused!」

(訳:彼女、混乱してるわ!)

 

聞きとれなくていいところだけはっきり聞き取れたんだけど(笑)

 

確かに困惑してますけど!!!!

 

すると日本語を話せるスタッフ(日本人ではない)が現れて、「ここは中継駅で、周囲に散策コースがあるから歩いてきてね。あともう1つ中継駅があるよ」と教えてくれた。(なぜ私が日本人だと分かった?そして日本語話せる人って意外とたくさんいる)

 

「あ、ありがとうございます...」

 

ちょっぴり恥ずかしい思い出となりました。そして、日本語を話せるスタッフを配置してくれている観光施設に心から感謝した。

 

1人海外に備えて、2か月間オンライン英会話で練習をしてたのに、お恥ずかしい限りである。

 

 

まとめ

海外旅行行くなら、スピーキングよりリスニングを磨いとけ

(スポンサーリンク)

プライバシーポリシー お問い合わせ