(スポンサーリンク)

MENU

【感想】出会い系サイトで70人と実際に会って

(スポンサーリンク)

こんにちは、留年ちゃんです。

 

今日はオススメの本を紹介したいのですが、その本のタイトルが長すぎたため、ブログ記事のタイトルがおかしなことに

なってしまいました。私が70人と会った感想みたいになってますが、本のタイトルの一部です。

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと

 

 

 

意識高い系の出会い系

これまた変な文になってしまった…

この本は著者の実体験が元となった物語なのですが、出会い系で知り合った人に本を紹介する…?変な人だな、と感じませんか?

 

出会い系サイトっていうとやはり男女が恋愛目的で利用するもの、というイメージがあります。

私も、本を読む前は「tinderやペアーズのようなものを使ったのかな?けど、恋愛目的で知り合う人に本を勧める、ってちょいとKY(空気読めない)では…?」と思っていました。

ですが、この著者の方が利用していた出会い系サイトは、恋愛が主な目的ではなく、もっと意識の高そうなサイトでした(揶揄ではない)。普段の生活では、どうしても同じコミュニティの人以外の人と知り合う機会が少ないですよね。学生でも、社会人でも。そんな中、新しい人と会って、新しい刺激を得たい!と思っている人が集っているような出会い系サイトです。

 

 

本の紹介で著者の道が拓けていく

この本の始まりは、著者が夫と別居をするところから始まります。そして、店長をしている本屋の仕事にも行き詰まりを感じている状況です。

 

マイナスから始まる物語なのですが、出会い系サイトで知り合った人に本を紹介する、という行動を通して、様々な人に出会い、そして自分のことを見つめ直し、最終的には新しい道に進みます。

 

誰しも著者のそんな姿に感じるものがあるはず…!

 

 

仕事が好き、って羨ましい

この本を通して、私が感じたことです。

 

著者は、本が好きで、それを仕事にしています。悩み、もがきつつも、自分の好きなことを仕事にできています。

 

私がこの本を読んだ時は、ちょうど就活がうまくいかず悩んでいた時期でした。

自分がやりたいことってなに?やりたい、挑戦してみたい、って思ったとしても、面接で落とされる…

 

仕事を得る、って難しい。就職先が決まった現在も、もしかしたらこんなに悩んで得た仕事を楽しい、って思えないかもと今から不安に思っています。

 

だから、著者の花田菜々子さんが、好きを突き詰めてたどり着いたところが本当に羨ましいです。

 

こんな風に働いていきたい、と思いましたし、こういう働き方がこれからの時代の生き方なのかもしれない、と思った1冊でした。

 

日々退屈だ、なんだか行き詰まってる、という方はぜひ。

(スポンサーリンク)

プライバシーポリシー お問い合わせ