(スポンサーリンク)

MENU

大好きな漫画「バクマン。」はブログ界隈と似てるかも。

(スポンサーリンク)

こんにちは、留年ちゃんです。

 

今日は、私の大好きな漫画「バクマン。」を紹介します。

 

バクマン。



「デスノート」の大場つぐみさん(原作)と小畑健さん(作画)が再びタッグを組んだ漫画です。

 

現在お2人は再びタッグを組み、「プラチナエンド」という作品を連載されています。そちらも面白いのでオススメです。

 

プラチナエンド 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

プラチナエンド 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 



 

あらすじ

平凡な中学生・真城最高(あだ名・サイコー)は、夢も希望もなく、ただなんとなく生きています。クラスメイトの秀才・高木秋人(あだ名・シュージン)に、一緒に漫画家を目指さないか?と誘われたことをきっかけに、好きな人と思いが通じ合い、漫画家を目指すことに。

 

2人で描いた漫画がアニメ化されることを目標に夢を追い始める2人ですが、漫画の天才・新妻エイジと出会い、圧倒されてしまいます。

サイコーとシュージンは「何がウケるか?」を研究しながら描くタイプ、しかしエイジは描きたいものを描くだけで売れる漫画を描けてしまう天才だったのです。

 

そんな新妻エイジや、他のライバルたちと面白い漫画を作るために切磋琢磨していく青春ストーリーです。

 

 

ブロガー界隈と似てない?

ブロガー界隈も、どうようにブログという作品を商品としてつくっているので当然かもしれませんが、書きたいものを書いて人気が出るブロガー(新妻エイジタイプ)と、SEOを狙って考えて書くブロガー(サイコー&シュージンタイプ)がいるよね。

 

前者だと、さだきよさんとか?

 

私は才能がないにも関わらず、SEOとかまったく意識していないから、どっちにも値しないけど…

 

 

というか世の中のすべてか

よく考えたら、どの分野でも天才と秀才がいるね。

 

この漫画「バクマン。」には、天才と秀才しか出てこないけど、実際のところは天才でも秀才でもない人ばっかりだ。

 

天才でも秀才でもない人は、物語に浸って天才か秀才を体験してみよう。

ということで、私は漫画が好きです。天才になりきって感情移入できるので。

 

 

バクマン。 コミック 全20巻完結セット (ジャンプコミックス)

バクマン。 コミック 全20巻完結セット (ジャンプコミックス)

 

 

 

スポンサーリンク

(スポンサーリンク)

プライバシーポリシー お問い合わせ