MENU

平成のベストセラー書籍を振り返る(H21~30)

(スポンサーリンク)

こんにちは、留年ちゃんです。

 

平成もあと少しで終わりますね。

 

ブログを通して、平成を振り返りたいなと思っていたのですが、題材が思い浮かばず迷っていました。

 

先日、今年のベストセラー書籍と、平成のベストセラー書籍の紹介をニュースで見ました。

平成30年間のベストセラーのうち、一部しか紹介されていませんでした。気になって調べたので、記事にまとめようと思います。ベストセラーを通して、年ごとの特色が見られたような気がします。

 

本好きの方は、これ読んだ!懐かしい、なんて振り返ってもらえればと思います。

 

 

 

平成30年(2018)

漫画 君たちはどう生きるか

最近、よく書店で見かけますよね。

宮崎駿監督が映像化するということでも話題です。

 

文庫版もあります→君たちはどう生きるか (岩波文庫)

私は文庫版を購入し、積読入りしてます...

 

平成29年(2017)

九十歳。何がめでたい

佐藤愛子さんが92歳のときに「女性セブン」で連載していたエッセイを書籍化したもの。 

時事ニュースを題材をしたものも多いそうです。

 

書店で見かけたことはありますが、ベストセラーになるほど人気だったとは知りませんでした。内容も知らず...気になってきました。

 

平成28年(2016)

天才 (幻冬舎文庫)

元内閣総理大臣・田中角栄が主人公の自伝風小説。

 

石原慎太郎さんの自叙伝かと思っていました...

 

平成27年(2015)

火花 (文春文庫)

お笑い芸人・又吉直樹さん(ピース)が芥川賞を受賞したことで話題となった一作。

 

美容院に置いてあったことがきっかけで読んだ記憶があります。漫画や雑誌は置いてあっても、小説はなかなか美容院にはおいてないですよね。それほど話題だったのだと思います。

 

平成26年(2014)

長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい (健康プレミアムシリーズ)

まったく記憶にないです...テレビ番組の金スマで紹介されて話題になったようです。

 

平成25年(2013)

医者に殺されない47の心得 必携版 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法

この年も健康関連の書籍ですね。世相との関連性を調べてみましたが、イマイチよく分からず...

 

平成24年(2012)

*1" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51Knzd0NWfL.jpg" alt="聞く力―心をひらく35のヒント *2" />

名インタビュアー・阿川佐和子さんの本音を聞き出す極意が書かれた一冊。

これも積読にあります。購入したのは2015年ごろだったと思うので、定番の本になっているのかもしれませんね。

 

平成23年(2011)

謎解きはディナーのあとで (小学館文庫)

櫻井翔さん主演でドラマ化された小説。本屋大賞を受賞したことで話題になったようですね。ドラマから人気が出たのかな?と思いしたが、ドラマ化が2011年10月期であったことより、それ以前から人気の作品だったようです。

 

平成22年(2010)

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら (新潮文庫)

 高校野球好きとして、中学生の時に読みました!当時は高校野球目線で読みましたが、今ならマネジメント目線でも読めるかな?マネジメントは将来的に仕事にも役立ちそうなので、入門書としてもう一度読みたいです。

 

平成21年(2009)

1Q84 BOOK 1

村上春樹さんの長編小説。Book3まで続くので気が遠くなりますが、それでも読み切れる面白さ。オウム真理教とエホバの証人がモデルになったであろう団体が、物語のカギになってくるのも興味深いです。

村上春樹さんは他にも「アンダーグラウンド (講談社文庫)」「約束された場所で (underground2)」というオウム関連の作品を出版されています。

 

 

参考:

年間ベストセラー | ベストセラー一覧 | 日本出版販売株式会社

年別書籍年間ベストセラーランキング | 株式会社エコンテ

 

 

www.ryunenchan.work

 

*1:文春新書

*2:文春新書

プライバシーポリシー お問い合わせ