留年した人のハナシ

留年しちゃったリケジョ、大学卒業しました。SEとして働いてます。

MENU

平成のベストセラー書籍を振り返る(H1〜10)

こんにちは!留年ちゃんです。

今日も、前回に引き続き、平成のベストセラー書籍を振り返ります。今日で最後です。

 

平成1~10年なので、半分以上は私が生まれる前になりますが、さて、知っている書籍はどれくらいあるでしょうか??

 

平成のベストセラー書籍を振り返るシリーズはこちら

 

www.ryunenchan.work

www.ryunenchan.work

 

 

平成10年(1998) 新人間革命 第2巻

新・人間革命〈第2巻〉 (聖教ワイド文庫)

創価学会の名誉会長・池田大作氏の作品。Amazonの概要には「日蓮大聖人の仏法ヒューマニズムの光をかかげて、世界を舞台に繰り広げられる民衆凱歌の大河小説」とあります。聖書みたいなものでしょうか?(違ったら申し訳ありません)

全30巻もあるそうです。

この年の2位は「幸福の革命」(大川隆法・著)と宗教関連の書籍が1・2だったのが印象的です。どちらの宗教も信者の方がたくさんいらっしゃるので、書籍が一定数の売れるのは納得です。

 

平成9年(1997) ビストロスマップ 完全レシピ

ビストロスマップ完全レシピ

スマップの解散で番組も終わってしまいましたが...オシャレで美味しそうなメニューが多かったですよね。スマップの人たち、料理上手だったよね?

 

平成8年(1996) 脳内革命

 

脳内革命―脳から出るホルモンが生き方を変える

プラス思考が最高の薬(健康予防)ということを医学的・科学的に書かれた書籍だそうです。病は気からと言いますしね。

これまでも健康関連の書籍が何度かベストセラーで出てきていますが、やはり健康でありたいと願うのは時代に関係ないですね。

 

平成7年(1995) 遺書

遺書

ダウンタウン・松本人志さんが自分たちのお笑いを語った1冊。この年は2位にも松本人志さんの「松本」という書籍がランクインしています。もう20年以上もテレビ業界で第一線で活躍していらっしゃって、すごい...

 

平成6年(1994) 日本をダメにした九人の政治家

日本をダメにした九人の政治家

実名・実話で腐敗した政治家を告発しているそう。確かに話題になりそうだ。

 

平成5年(1993) 磯野家の謎

磯野家の謎

Amazonの紹介ページに「18回も泥棒に入られたことがある!?」「サザエは本当にフネの子なのか!?」などなど書かれていますが...どこ情報なんだ(^‗^;)東京サザエさん学会というのもの気になりますね(笑)

 

平成4年(1992) それいけ×ココロジー

それいけ!!ココロジー―真実のココロ (1) (青春文庫)

なんじゃこりゃ?ってタイトルだなぁ、と思ったら元はテレビ番組なんですね。心理テストの本だそうです。小学生の頃に心理テストの本を買って、学校で友達と休み時間に読んでいたのが懐かしいです。

 

平成3年(1991) Santa Fe 宮沢りえ

宮沢りえ 篠山紀信 サンタフェ Santa Fe 写真集 中古

宮沢りえさんのヌード写真集

 

。撮影時の宮沢さんの年齢が17歳であったという疑惑から、国会で児童ポルノ禁止法が議題であったときに議論にもなったそうです。

 

平成2年(1990) 愛される理由

愛される理由

 郷ひろみさんの元妻の著者が、ニューヨークでの結婚生活3年間をつづっているそうです。のちにお二人は離婚されてますが、これはラブラブな時期に書かれたんでしょうか...。元女優で有名な方だったようですが、私は二谷さんがご活躍されてる時期を知らないので、あまり本の内容が気になりません...

 

平成1年(1989) TUGUMI 

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)

よしもとばななさんの小説です。よしもとさんの小説はキッチンしか読んだことないので、こちらも読んでみたいなぁ

 

 

 

以上で平成のベストセラー書籍の振り返りが終了です!

気になる作品に出会っていただけていたら幸いです。それとも、本好きの方なら、本屋さんでよく見たな、懐かしい!ってなるのかな。

 

参考:

年別書籍年間ベストセラーランキング | 株式会社エコンテ