留年した人のハナシ

留年しちゃったリケジョ、大学卒業しました。SEとして働いてます。

MENU

【感想】世にも奇妙な君物語(朝井リョウ)

(スポンサーリンク)

こんにちは、留年ちゃんです。

 

今日は、朝井リョウさんの短編集

世にも奇妙な君物語 (講談社文庫)

の感想です。

f:id:ryunenchan:20181218223354j:image

 帯がその通りだ!!って感じだったので今回は写真で。

 

 

本家・世にも奇妙な物語を意識

私、テレビ番組「世にも奇妙な物語」はあまり見ないのですが、作者の朝井リョウさんは「世にも奇妙な物語」の大ファンだそうです。

特徴として、2時間で短編ドラマが5本、主人公の年齢や性別に偏りがないこと、現代性のあるテーマであることなどがあるそうですが、本作品もそれが意識された構成になっています。

本作の5つのテーマは、シェアハウス、モンスターペアレント、大学生のコミュ力、ネットニュース、ドラマのオーディション。最後はちょっと現代性??とは違うかもしれませんが、最後の話にふさわしかった!

 

オチがすごい!

まんま、オチがすごい。

奇妙な物語です。ほんと(ボキャ貧)

オチにたどり着くまでに、物語に引き込まれるし、そーーーーーー来るのね?!てなります。

各話のオチの個人的な感想を簡単に書くと

第1話 シェアハウさない →ゾワッ...

第2話 リア充裁判 →ヒヤッ...

第3話 立て!金次郎 →ワロタw

第4話 13・5字しか集中して読めな →ワロタw

第5話 脇役バトルロワイヤル →ワロタw

 

雑すぎますがこんな感じです。

 

題材が朝井リョウって感じ

現代性でも、シャアハウスの住民だったり、大学生に求められる謎のコミュ力だったり、朝井リョウさんらしいなぁ、と感じました。(朝井リョウさんのすべての作品を読んでいるわけではありませんし、ましてご本人にお会いしたこともないので、朝井リョウさんらしいと言うのもおこがましいですが...)

なんていうか、朝井リョウさんって経歴的にめっちゃリア充なのに、ちょっとひねくれてる気がするんですよね。私も相当ひねくれてるので、朝井さんの作品が好きなんですけど、なぜそんなリア充なのにそんなひねくれてるのかは解せない。高校の運動会で応援団長やったり、早稲田のダンスサークルだったり、就職先が東宝だったり、もうめちゃめちゃリア充じゃんか!!!

 

特に、第1話の「シェアハウさない」では、金銭的にも困ってない、恋愛目的でもない(某テラスハウス的な?)、友達もたくさんいて充実してそうな人が、なぜわざわざシェアハウスに住んでいるのだろうか?彼らは何をシェアしているのか?

この目の付け所が、本当にリア充になりきれてない朝井リョウさんらしくて好きです。オチはゾワッ...でしたけどね。

 

個人的に一番好きなオチは第2話です。これもまた、リア充だけど、リア充になりきれてない朝井リョウさんだからこそ書けるオチだなぁ、と感心しました。

 

 

最近文庫版が出たので、気になった方はぜひ↓

 

世にも奇妙な君物語 (講談社文庫)

世にも奇妙な君物語 (講談社文庫)

 

 

 

朝井リョウさんのエッセイ「時をかけるゆとり」の感想も良ければ↓

 

www.ryunenchan.work

 


 

プライバシーポリシー お問い合わせ