MENU

大学生活5年間で後悔していること

(スポンサーリンク)

大学生活を振り返ろうシリーズ。

よく、「大学生活でもっとこうしておけばよかった!ベスト3」とかあるので、私も後悔していることをいくつか書き出してみました。

 

順番は適当です。てか後悔してたらベストじゃなくない?なくなくない?

 

 

第二外国語を履修すれば良かった

珍しいかもしれませんが、私の所属学科は第二外国語が必修ではありませんでした。取りたい人だけって感じですが、取ってる人のほうが少数。語学って大変なイメージあるしね。

1年生の時に、2外は大変なだけだから取らない方がいいよ!と先輩に聞き、また周囲の友人も取る人が全くいなかったため、何も考えずに楽な道を選びました。

取れば良かったと思った理由は2つあります。

1つ目は、語学留学に行った時でした。語学学校にはいろんな国籍の人がいて、日本人の友人が中国人に簡単な中国語で自己紹介をしているのが羨ましかったからです。

2つ目は、スペイン語を履修していた友人がスペインに旅行に行くと話していた時。ヨーロッパ圏は英語以外が多いし、英語も伝わることが多いとはいえ、現地の言葉が少しでも分かればさらに楽しめるだろうなぁと思いました。

英語さえ出来れば良いと思ってたけど、世界には英語以外の言語がたくさんあるし、よりたくさんの人と交流できることが羨ましい!

で、スペイン語や中国語を独学してみようと思ったものの、続かず。1から独学って、なかなかとっつきにくいものですね。英語は中1からかれこれ10年以上やってるからとっつきにくいとかもうないけど。社会人になったら金に頼って習ってみようかな。

 

読書量が足りない

先日、こんな記事を書きましたが… 

大学時代は人よりも本を読んだと思う - 留年した人のハナシ

大学生の平均よりは読んでいたかもしれないけれど、それでももっとたくさん読む余地はあった。純文学や、海外の名著、話題の新書をもっと読んでおきたかった!社会人になってらビジネス書と資格取得に傾倒しちゃいそうだけど、いろんなジャンルの本を読み続けたい!

 

もっと早くブログを始めれば良かった

もっとインプット&アウトプットとしてブログを活用すれば良かった!特に休学していた間!時間もたっぷりあったのに勿体ない…。もしかしたら今頃もっと収益を出せていたかも?(希望的観測)

 

サークルに入るべきだった

サークルに入ってないからか、単にコミュ障だからか、友達や知り合いが少ない。東京の大学に来たら、もっと全国に友達ができて、友達の実家に泊めてもらって旅行したいとか思ってたのに!(図々しい)

希望的観測だけれども、サークルに入れば、友達や彼氏が出来たかもしれないし、新しい趣味も見つかったかも。

まぁでも集団で仲良くするってのが苦手なので、入っても馴染めなかったかもしれませんが。馴染めなくても、入ってみるだけ入ってみれば良かったー!

 

 

意外と卒業してからでも間に合う

書き出してみたけど、これくらいかな。

意外と後悔は少ないし、どれも社会人になってからも出来ることなので、悔やむだけじゃなくて今後実行していけたらなぁと思います。

プライバシーポリシー お問い合わせ