留年した人のハナシ

留年しちゃったリケジョ、大学卒業しました。SEとして働いてます。

MENU

辞めたいと公言している同期が、大学入学時の自分と重なる

(スポンサーリンク)

こんにちは、留年ちゃんです。

 

社会人生活2週間経過、新人SEたちの研修はまだまだ続きます。半数以上が非情報系の出身ですからね。

 

世間では4月入社で既に退職された方がちはほらといるようで話題になったりもしていますね。

それはきっとどんな会社にも起こりうることで、私の同期にも辞めそうな人がいます。

仮に同期Aとします。

 

暗い雰囲気に疲れる

同期Aは、初日から「社会人生活が不安で…辞めたい…」と鬱鬱としています。なぜかその同期Aとペアになることが多く、こちらも鬱々としてくる。というか、もうペアになりたくないと思うほどに苦手意識を持ってしまっている。

おそらくこの不安は冬にあった研修時から続いていて、そのときも「社会人になることが不安で…内定辞退しようか本当に迷って…研修中の個人面談の時にも人事に相談したんだよね」という話を聞いていた。そのときは、へぇ〜そうなんだ、大変だなぁと思った。そりゃ不安だよね、と。

 

しかし、入社直前研修でも、入社後も、入社2週間経った今もそれを言い続けているのである。

体調も優れないそうだ。

 

私も3月までは「働きたくない…まじ無理…」とぼやきまくり、親に「いい加減にしろ」と諭されていたので、気持ちは分からなくもない。

しかし、研修が始まってみれば意外と「つらい…まじ無理…」とはなっていない。「まぁ、とりあえず研修だけでも頑張ろう。数ヶ月も研修でなにも生産してないのにお金もらえるのやばくね??」というくらい舐めた思考に陥っている。これもこれで問題かもしれないけど。

 

しかし、この「漠然と不安」な気持ちを聞かせられ、醸されるのも、なかなかにしんどい。

 

大学時代の私のようだ

同期Aは、「もしかしたら研修中に辞めるかもしれない」とこぼしていたけど、案外辞めないのではないかと思っている。

 

ふと、大学入学時の私と重なるのだ。

 

初めて親元を離れ、しかも初めて暮らす土地、全く知り合いのいない状況が、キャパオーバーで、「高校楽しかったな…戻りたい…」とずーーーーーっと2年くらい言ってた。今思うと相当にウザイ。しかも、大学の専攻の勉強でもつまづき、「仮面浪人しようかな」「編入しようかな」としょっちゅう言っていたが、行動に起こすことはなかった。

 

「辞めたい」と周りに言えていて、漠然と不安、現状が不満、という程度なら、大きなきっかけがない限り辞めないのではないかと思う。

まぁ、大学と会社は違うので断言はできないけど。

 

どう接するか

会社は「同期はライバルであり仲間!助け合っていきましょう!」という雰囲気。たしかに、研修で分からないことがあれば助け合いたいし、研修で落ち込む出来事があれば励まし合いたいと思う。

 

しかしながら、「社会人生活が不安」なんて私たちが解決できるものでもないし、放っておくしかないのかなと思う。

支え合うといっても、会って数週間の人を引き留めるほどの熱量は私にはない。

 

なんで休日までこんなこと考えてるんだろう。自分の問題(基本情報の試験が来週に迫っているのに、合格基準を満たせそうにない)からの逃避かな。

プライバシーポリシー お問い合わせ