留年した人のハナシ

留年しちゃったリケジョ、大学卒業しました。SEとして働いてます。

MENU

【HSPかな?と思ったら読む本】を読んだ

最近、特に辛いことがあるわけでもないのに落ち込むことが多い。落ち込むというか、人生のつまらなさ、自分のつまらなさに絶望する。

 

なんとなく気になっていた、HSP(繊細すぎる人)なのかな?と思い、HSPの本を買ってみた。

 

 

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン) の教科書 (シリーズ こころの教科書)

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン) の教科書 (シリーズ こころの教科書)

 

 


HSPとは

HSP(Highly Sensitive Person)とは、「繊細・敏感・感受性が豊か」な気質を持った人のこと。病気ではなく、そういった気質・キャラクターを持っている、というだけである。

繊細なあまり、自分に自信をなくしたり、自分らしさが見えなくなったりと、生きづらさに悩む人が多い。

 

 

私はHSPなのか?

HSP診断テスト

上記の診断テストが、HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン) の教科書 (シリーズ こころの教科書)にも書かれている。質問の答えが12個以上「はい」だった場合、HSPである可能性が高いそう。

私の場合、「はい」の数は11個。なんとも微妙…だけど、どちらかというと繊細な方なのかと思う。

 

HSPの4つの特徴

HSPを提唱した心理学者エレイン・N・アーロン博士によると、HSPにはDOESという4つの特徴があるそう。

今回は、私がその4つの特徴に当てはまるのか?考えてみた。

 

①D:深く処理する

たしかに、どうでもいいことを深く考えすぎたりしてしまうことがある。冒頭に書いた「人生つまらないな」と感じている今の状況は、まさにこの性質のせいだろう。

 

②O:過剰に刺激を受けやすい

1人の時間が必要だということは当てはまる。非常に。

 

③E:全体的に感情の反応が強く、特に共感力が高い

感情の反応はイマイチ(嬉しい、悲しいなどあまり感じない)だし、他人に共感することは少ない。

ただ、グロテスクや暴力的な映像はとても苦手、ドラマに感情移入して涙することは多い。

 

④S:些細な刺激を察知する

これも…どうなんだろう?

すきま風や時計の秒針の音など、他人が気にならない音が気になることはたまにある。

 

あくまで人の性質なので、はっきりとこの質問に当てはまればHSPというものでもない。ただ、平均よりは繊細なタイプなのかもしれない。

 

 

私はHSS型HSPかもしれない

HSS(Highly Sensation Seeking)とは、 刺激追求型の気質のこと。変化に富み、新奇で複雑かつ激しい刺激や経験を求めるタイプだそうです。

 

HSS診断テスト

これも書籍にあった診断テストと同じものがあったので、載せておきます。

女性の場合、20の質問のうち11個以上の「はい」の答えればHSSだそう。私の「はい」の数は13個でした。

 

HSSとHSPの気質を両方持つ人っているの?と思われそうですが、人口の6%程度いるそうです。

すぐに退屈をする(HSSの気質)と同時に、新しい場に行くのは緊張する・ストレスになりそう(HSPの気質)ということが、まさに今の私に当てはまっています。

 

 

HSS型HSPについて書かれたサイト

【まとめ】HSS型HSPの特徴・診断・才能を生かせる仕事について | 暮らしっく

 

上記のサイトの信ぴょう性がどの程度あるのか不明ですが、才能を生かせる仕事として起業家が挙げられています。

 

一時期、起業したい!と言っていた(今も機会があればいつかしてみたいとは思っている)私の思考は、自分の性質上自然なことなのかも、と思いました。

 

本の感想

全てを読んだわけではないのですが、なんとなくこの本は苦手だなと思いました。心理学の本はあまり読んだことはないのですが、やはり数値的根拠のある本の方が、私は好きです。

 

また、HSPという繊細な性格とはうまく付き合えているような気がします。落ち込むけど、気にしすぎかも?と自分に言い聞かせたり、人と比べて落ち込みがちだけど、自分には自分の良さがあると言い聞かせたり。

この本には、すでに自分なりに向き合ってきたことと同じようなことが多く書かれていた気がします。

それよりも、HSS型HSPかもしれないという自分の性質が最近の悩み(日々がつまらない)の原因だと分かって良かったと思いました。しかし、書籍内でHSS型HSPの人な対処法にはほぼ触れられいません。

このことから、今の私にはあまり合わないのかなと感じました。

 

 

「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる  「繊細さん」の本

「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本